オンラインカジノ日本、180%ウェルカムパッケージで勝利の扉を開けよう!

麻雀ではドラの決め方が勝敗に大きく関わります

麻雀 ドラ決め
麻雀 ドラ » 麻雀 ドラ決め » 麻雀ではドラの決め方が勝敗に大きく関わります
日本の楽しいパチンコゲームには何がありますか?
k8 カジノ パチンコ

麻雀ではドラの決め方が勝敗に大きく関わります

麻雀は日本を代表する伝統的な卓上ゲームの一つであり、その中でも「ドラ」は重要な要素です。ドラは、プレイヤーたちにとって戦略的な決断を迫り、ゲームの展開に大きな影響を与えます。

まず、麻雀の基本的なルールをおさらいしましょう。麻雀は4人でプレイされ、136枚の牌を使います。プレイヤーは自分の手牌を組み合わせ、特定の役を作り出すことを目指します。ドラは、役を作る際に重要な役割を果たします。

麻雀のドラとは?表示牌の見方や絡めやすい役など徹底解説│じゃんラボ

ドラとは、現在の局面において役満や役を向上させるための特別な牌のことです。ドラは、ゲームが進行する中でランダムに決まります。通常、ドラは牌山の一番上にある牌から順番に示され、その牌がドラとなります。ドラは他のプレイヤーにも公開され、全体の戦略に影響を及ぼします。

麻雀のドラ決めはゲームのスリリングな要素であり、プレイヤーたちはその情報を駆使して戦術を練ります。ドラの牌が自分の手牌と相性が良ければ、それを活かして高得点の役を作ることができます。しかし、他のプレイヤーも同じドラを狙っている可能性があり、競争が激化します。

ドラを活かすためのテクニックもあります。例えば、自分の手牌にドラの牌がある場合、そのドラを活用する役を狙うことが有効です。また、他のプレイヤーがドラを切ってしまった場合は、そのドラが自分の手牌に合致しているかどうかを見極め、有利に活用することができます。

さらに、ドラを読む能力も重要です。ドラの牌の出方や他のプレイヤーの手牌の動向を注意深く観察し、ドラの予測を行うことが求められます。ドラの予測によって、自分の手牌の戦略を立てることができます。

麻雀は戦略的な要素が豊富で、ドラはその中でも重要な要素です。プレイヤーたちはドラを巧みに活用し、高得点の役を作り出すための戦略を練ります。また、ドラの予測や他のプレイヤーの手牌の読みも重要なスキルです。

麻雀のドラは、ゲームプレイにおいて臨機応変な判断を迫り、プレイヤーたちに緊張感と興奮を与えます。ドラの存在は、麻雀を一層奥深く、戦略的なゲームにしています。

麻雀のドラには奥深いルールがあります

【麻雀】第21回 ドラ表のカブリ【チートイツ攻略講座】 - YouTube

 

画面左上に表示されている、[②](リャンピン)に注目。下記でも詳しく解説していますが、ドラは同じ牌を揃えるのではなく、次の牌を持っている必要があります。

そのため今回、ドラを狙う場合は[②](リャンピン)の次の牌である、[③](サンピン)を絡めたアガリにする必要があります。なお、上がった際、サンピンの数に応じて、一翻、二翻…とドラがつきます。

もし刻子︎(コーツ)[③][③][③]で揃えればドラが3つ乗り、3翻に!

下記からは詳しくドラについて解説します。

ドラを持っているだけで1翻

麻雀では、アガった際に手牌に所持していたドラ1枚につき1翻として点数計算を行います。基本的にはドラはボーナスポイントを得られる牌と考えて問題ないでしょう。持てば持つほど点数が上がり、たとえばドラを4枚持っていればそれだけで4翻。満貫以上の高い点数が無条件で狙えるチャンスといえます。

表示牌の次の牌がドラとなる

局が開始される段階で積んである牌(牌山)の中で1枚だけめくれて表になっている牌をドラ表示牌と呼びます。そして、このドラ表示牌の次の数字にあたる牌がドラになることを覚えておきましょう。例を挙げると、表示牌が[①]ならドラは[②][七]なら[八]といった具合です。

[九][⑨][9]が表示牌となった場合は次の数字が存在しないため、[一][①][1]がドラになります。

また、字牌は少し複雑です。まずは「東→南→西→北→東」「白→発→中→白」という順番を覚えましょう。注意すべきは「東南西北」(トンナンシャーペー)という順番です。方角を述べる際に使用されることの多い「東西南北」(とうざいなんぼく)ではないことを覚えておきましょう。この順番さえ覚えれば表示牌が[東]ならドラは[南][中]ならドラ

[白]と導き出せるようになるため、「トンナンシャーペー」「ハクハツチュン」という語感で丸暗記してしまうことをおすすめします。

ドラは役ではないので注意

ドラを使うに際して気を付けたいのは「ドラは役ではない」という点です。点数上は1翻としてカウントしますが、役ではないためドラを持っているだけではアガれません。そのため、タンヤオ、ピンフ、リーチといった役を忘れずにつけるようにしましょう。

通常のドラ

先述したドラ表示牌を参照し、局の開始時に決定されるドラが通常のドラになります。麻雀牌は1種につき4枚用意されているため、後述する赤ドラを除けばゲームスタート時にはドラが4枚存在することになります。また、ドラ表示牌がある山のことを「王牌」(わんぱい)といいます。これらの牌は後で説明するカンドラの表示牌などに利用するため、通常のツモで取ることはありません。

裏ドラ

裏ドラ」とは、リーチをしてアガった時だけ見る権利を得られるドラのことです。このとき、ドラ表示牌の裏にある牌を参照してドラを決定するため、「裏ドラ」と呼ばれているのです。麻雀においてリーチは非常に強力な役とされていますが、その理由の一つとしてこの裏ドラによる得点の向上が挙げられます。

カンドラ

誰かがカンをした場合には、通常のドラに加えて新たに「カンドラ」が発生します。「カン」とは同じ牌を4枚集めた際に行えるアクションで、ドラを増やせる点が最大の特徴です。自身のアガリが期待できる場面では積極的にカンをして得点向上を狙ってみましょう。なお、カンドラは1局で4枚が上限となっています。

カン裏

カンが発生した局にリーチでアガった場合には、カンドラ表示牌の下にある牌も「カン裏」と呼ばれるドラとして扱います。カンが1回行われただけでも通常のドラとカンドラを含めた4種のドラを参照することができるため、カンが発生した局は積極的にリーチを狙っていきましょう。

赤ドラ

Mリーグや麻雀ゲームでは[赤五][赤⑤][赤5]のような真っ赤な牌が見られますが、これらも「赤ドラ」というドラの一種です。Mリーグでは、4枚あるうちの[五][⑤][5]それぞれ1枚ずつが赤ドラになります。ドラ表示牌が[四][④][4]だと、普通の[五][⑤][5]だけでなく、[赤五][赤⑤][赤5]もドラとして扱われます。そのため、この場合の[赤五][赤⑤][赤5]は、持っているだけで2翻となる非常に強力なボーナス牌となります。

ルールによってドラは異なる

一部のルールではドラを限定的に採用する場合があるため、試合を観戦する際などには注意が必要です。

例えば、一般的な麻雀店では通常のドラ・裏ドラ・カンドラ・カン裏・赤ドラのすべてが採用されているケースが多くなっており、Mリーグもすべてのドラを採用するルールです。しかし、プロの試合では赤ドラが採用されないことも多く、裏ドラやカンドラなどを認めない、通常のドラだけを採用するルールも存在します。実際に対局を行う場合はもちろん、観戦に際してもドラに関するルールは事前に確認しておくことをおすすめします

麻雀ではドラの決め方が重要です

 

山田健太郎さん:麻雀のドラについての詳しい知識を持っている健太郎さんは、麻雀の種類ごとにドラの効果を的確に把握し、戦略に生かしています。

佐藤大介さん:佐藤さんはドラの存在がゲームに与える影響を理解しており、彼のプレイスタイルは常にドラの取り方に注目しています。

田中良平さん:田中さんは麻雀ドラの種類ごとに独自の戦略を持っており、その戦術は他のプレイヤーに深い印象を与えます。

鈴木悟さん:鈴木さんは麻雀ドラの存在を最大限に活用し、彼の手牌を最適化するための巧みな読みを行います。

高橋真一さん:高橋さんは麻雀ドラの種類についての研究を重ね、その知識を駆使して戦略的なプレイを展開します。

伊藤拓也さん:伊藤さんは麻雀ドラの効果を最大限に引き出すために、自身の手牌を工夫し、高得点を狙います。

渡辺康太さん:渡辺さんは麻雀ドラの種類ごとに適切な牌の選択を行い、役を組み立てるセンスに優れています。

中村智也さん:中村さんは麻雀ドラの情報を鋭く把握し、それを駆使して相手の戦略を読み解く才能を持っています。

小林隆太さん:小林さんはドラの配置に敏感であり、その情報を元に自分の手牌を最適化する戦術を駆使します。

加藤雅之さん:加藤さんは麻雀ドラの存在を最大限に活かした攻めのプレイスタイルで知られており、相手を圧倒します。

斎藤直樹さん:斎藤さんはドラの数や種類に合わせて柔軟にプレイを調整し、状況に応じた最適な戦略を展開します。

松本康介さん:松本さんは麻雀ドラの効果を最大限に引き出すために、自身の手牌の構築に細心の注意を払います。

木村大輔さん:木村さんは麻雀ドラの存在を理解し、相手の手牌とドラの関係性を見極めながら、戦略を練ります。

山口雄一さん:山口さんは麻雀ドラを巧みに活用し、その効果を最大限に引き出すことで、安定した勝利を収めるプレイヤーとして知られています。

井上智樹さん:井上さんは麻雀ドラの種類によって異なる戦術を展開し、状況に応じた最善の手を選びます。

小川健太さん:小川さんは麻雀ドラの重要性を認識し、自身の手牌とドラの相性を見極めることで、高得点を狙います。

野口拓也さん:野口さんは麻雀ドラの効果を最大限に活かすため、自身の手牌の構築に工夫を凝らします。

石田雅彦さん:石田さんは麻雀ドラの種類による得点の変化を把握し、相手の手牌との関係性を見極めながら戦略を練ります。

清水哲也さん:清水さんは麻雀ドラに対する独自の視点を持ち、その知識を活かして効果的なプレイを展開します。

宮田健太さん:宮田さんは麻雀ドラの重要性を強調し、その存在を最大限に活用することで、勝利に繋げるプレイヤーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました