オンラインカジノ日本、180%ウェルカムパッケージで勝利の扉を開けよう!

麻雀のドラは役作りに重要な牌です

麻雀 ドラ10
麻雀 ドラ » 麻雀 ドラ10 » 麻雀のドラは役作りに重要な牌です
日本の楽しいパチンコゲームには何がありますか?
k8 カジノ パチンコ

麻雀のドラは役作りに重要な牌です

麻雀は、日本を代表する伝統的な卓上ゲームであり、その中でも「ドラ」は重要な要素です。ドラは、プレイヤーたちにとって戦略的な決断を迫り、ゲームの展開に大きな影響を与えます。

麻雀は通常、4人でプレイされます。プレイヤーは136枚の牌を使い、特定の役を作り出すことを目指します。ドラは、役作りにおいて重要な役割を果たします。ドラとは、現在の局面において役満や役を向上させるための特別な牌のことです。

麻雀においてドラの決め方はランダムです。通常、牌山の一番上にある牌から順番に示され、その牌がドラとなります。ドラは他のプレイヤーにも公開され、全体の戦略に影響を与えます。ドラの牌が自分の手牌と相性が良ければ、高得点の役を作ることができます。しかし、他のプレイヤーも同じドラを狙っている可能性があり、競争が激化します。

麻雀においてドラを活かすためのテクニックもあります。自分の手牌にドラの牌がある場合、そのドラを活用する役を狙うことが有効です。また、他のプレイヤーがドラを切ってしまった場合は、そのドラが自分の手牌に合致しているかどうかを見極め、有利に活用することができます。

さらに、麻雀においてドラを読む能力も重要です。ドラの牌の出方や他のプレイヤーの手牌の動向を注意深く観察し、ドラの予測を行うことが求められます。ドラの予測によって、自分の手牌の戦略を立てることができます。

麻雀は、戦略的な要素が豊富で、ドラはその中でも重要な要素です。ドラを巧みに活用し、高得点の役を作り出すための戦略を練りましょう。また、ドラの予測や他のプレイヤーの手牌の読みも重要なスキルです。麻雀の魅力を存分に味わいながら、楽しんでプレイしましょう。

役を組み合わせる

 

麻雀において、ドラ10は特に価値のある牌です

麻雀ルール解説の前回パートでは、アガリに必要な役について説明しましたが、実はこの役には難易度があります。

難しい役ほどアガったときの点数は高くなります。

加えて、ドラと呼ばれるボーナス牌を使うことでも点数は高くなります。

このページでは、麻雀の点数がどのように決まるか?について、初心者にもわかるように解説していきます。
基本的に麻雀の点数は、以下の3つのポイントで決まります。

飜数(ファン/ハンスウ)はいくつか?(役は何か+ドラはいくつか)
自分の役割は?(親か子か)
アガリパターンは何か?(ツモアガリかロンアガリか)
1~3について以降の章で詳しく説明しますが、まずは飜数(ファン/ハンスウ)について解説していきたいと思います。

補足 ※中級者向け
ここで冒頭に”基本的に”とお伝えしたのは、厳密な点数計算には符計算が必要となるためです。

飜数と点数の関係【子】

気になる方は、下記ページをご覧ください。
飜数は点数で最もベースとなる数字であり、これには

「どんな役がどれくらいあるか?」

「ドラと呼ばれるボーナス牌がいくつあるか?」

という二つの観点が含まれています。

たとえば、リーチ(1飜役)とタンヤオ(1飜役)という役があり、ドラが1つあれば、

飜数は3(1+1+1)ということになります。

難しい役ほど高い飜数は高い
役には様々な種類がありますが、難しい・珍しい役の飜数は高く、簡単な役の飜数は低く設定されています。

以下の例をご覧ください。

役の難易度と飜数
簡単な役Aのケースでは1飜で1,000点、難しい役Bのケースでは3飜で5,200点となっています。

役が難しいほどすなわち飜数が大きいほど、アガったときに獲得できる飜数(ひいては点数)は高くなります。

少し前に例示したリーチとタンヤオは簡単な役であるため、1飜役となっています。

ツモアガリの説明ロンアガリの説明

いくつかの役を組み合わせることが可能
様々な役が存在すると説明してきましたが、役は組み合わせることができます。

手牌の中に複数の役が存在する場合は、役の飜数の合計に応じた点数を獲得できます。

以下の例をご覧ください。

※もう一つの観点であるドラと呼ばれるボーナス牌は存在しないものとします。
ドラとは? 点数アップのボーナス牌
役以外にも飜数を大きくし、点数を高くする方法があります。

それはドラと呼ばれる点数アップのボーナス牌を使うことです。

このドラはゲーム開始時にランダムな1牌が設定されます。

そして、ドラを手牌に組み込むことで飜数を高くすることができます。(ドラ1枚当たり1飜高く)

ドラの説明
この例では、ピンフ(平和)の1飜に加えてドラの六筒:麻雀王国が1枚ありますので、「ピンフ+ドラ1」で2飜分の2,000点となります。

ドラだけではあがれない点に要注意!
そのような便利なドラですが、大事な注意点があります。

それは、ドラは役とはなりませんので、ドラだけではアガれません。

ドラはあくまで飜数を増やし点数をアップさせるボーナス牌でしかないのです。

アガリに際しては、必ず何かしらの役をつけるようにしましょう。

補足
余談にはなりますが、麻雀には「赤あり」と呼ばれるルールがあり、五萬赤:麻雀王国 五筒赤:麻雀王国 五索赤:麻雀王国のような赤色の牌(赤牌・赤ドラ)を採用することがあります。

これらの牌は、無条件に常にドラとして扱います。

詳しい説明はこちら ➤ 赤牌・赤ドラとは?

【点数の基本②】親は子の1.5倍の点数に
ここまで飜数について解説してきましたが、ここからは親と子という言葉が出てきます。

麻雀では、各プレイヤーに親(1人)と子(3人)の役割が与えられ、親の得点は子の1.5倍になります。

※親と子の詳細については、後ほど説明するゲームの進め方をご覧ください。

まずは子の場合において、飜数と点数がどのような関係性になっているか見ていきましょう。

飜数と点数の関係【子】
1~4飜までは、1飜増えると点数が2倍になります。

4-5飜は満貫(マンガン)、6-7飜は跳満(ハネマン)、8-10飜は倍満(バイマン)、11以上の飜は三倍満(サンバイマン)と階級分けされています。

「満貫→跳満」と「跳満→倍満」の場合は点数は4,000点高くなり、「倍満→三倍萬」の場合は点数は8,000点高くなります。

なお、役満(ヤクマン)は飜数に関係なく一律32,000点です。

飜数と点数の関係【親】
続いては親の場合です。親は子と比べて点数は1.5倍になります。

1~4飜までは子と同様に、1飜増えると点数が2倍になります。

「満貫→跳満」と「跳満→倍満」の場合は点数は6,000点高くなり、「倍満→三倍満」の場合は点数は12,000点高くなります。

なお、役満は飜数に関係なく一律48,000点です。

最後に、初心者向けの点数表として以下にまとめておきます。

手点数のイメージ
【点数の基本③】ツモアガリとロンアガリで変わる
アガリについてで説明しましたが、アガリにはツモアガリとロンアガリの2種類があります。

ツモアガリは自分がツモった牌でアガることを指し、ロンアガリは他人が捨てた牌でアガることを指します。

このツモ/ロンアガリの場合で、点数の移動方法は大きく変わります。

ツモアガリの説明
ロンアガリの説明
こちらで図示したように、ツモアガリでは全員から点数を貰えるに対し、ロンアガリではアガった人からのみ点数を貰います。

ツモアガリ時の点数移動
ツモアガリについて、親アガる場合と子がアガる場合で得点の移動方法が異なります。

親がツモアガリした場合

→子3人は等しく点棒を支払います。

例えば、親が12,000点をツモアガリした場合、子3人は4,000点を親に支払います。

子がツモアガリした場合

→親は子の倍の点数を支払います。

例えば、子が8,000点をツモアガリした場合、子2人は2,000点を支払い、親は4,000点を支払います。

点数の基本解説まとめ
このページでは麻雀の点数について説明しました。ドラという言葉だけ聞いたことある方も、ドラとは何かご理解いただけたのではないでしょうか?

細かい部分まで解説してきましたが、点数に関して大事なポイントは以下になります。

役にはそれぞれ飜数(難易度)が設定されていて、飜数が大きくなると点数は高くなる。
役以外にもドラというボーナス牌を使うことで飜数を増やし、点数を高くすることができる。ただしドラは役ではないので、ドラだけではアガることはできない。
親と子という役割があり、親の点数は子の1.5倍
ツモアガリでは全員から点数をもらうが、ロンアガリでは放銃した人から点数をもらう。
初心者の方は、以上のポイントだけ押さえておけばOKです。

実際のところは細かい計算が必要になります。中級者向けの内容ですが、気になる方は以下をご覧ください。

麻雀のドラは牌の価値を上げます

山田健太郎さん:麻雀のドラについての詳しい知識を持っている健太郎さんは、麻雀の種類ごとにドラの効果を的確に把握し、戦略に生かしています。

佐藤大介さん:佐藤さんはドラの存在がゲームに与える影響を理解しており、彼のプレイスタイルは常にドラの取り方に注目しています。

田中良平さん:田中さんは麻雀ドラの種類ごとに独自の戦略を持っており、その戦術は他のプレイヤーに深い印象を与えます。

鈴木悟さん:鈴木さんは麻雀ドラの存在を最大限に活用し、彼の手牌を最適化するための巧みな読みを行います。

高橋真一さん:高橋さんは麻雀ドラの種類についての研究を重ね、その知識を駆使して戦略的なプレイを展開します。

伊藤拓也さん:伊藤さんは麻雀ドラの効果を最大限に引き出すために、自身の手牌を工夫し、高得点を狙います。

渡辺康太さん:渡辺さんは麻雀ドラの種類ごとに適切な牌の選択を行い、役を組み立てるセンスに優れています。

中村智也さん:中村さんは麻雀ドラの情報を鋭く把握し、それを駆使して相手の戦略を読み解く才能を持っています。

小林隆太さん:小林さんはドラの配置に敏感であり、その情報を元に自分の手牌を最適化する戦術を駆使します。

加藤雅之さん:加藤さんは麻雀ドラの存在を最大限に活かした攻めのプレイスタイルで知られており、相手を圧倒します。

斎藤直樹さん:斎藤さんはドラの数や種類に合わせて柔軟にプレイを調整し、状況に応じた最適な戦略を展開します。

松本康介さん:松本さんは麻雀ドラの効果を最大限に引き出すために、自身の手牌の構築に細心の注意を払います。

木村大輔さん:木村さんは麻雀ドラの存在を理解し、相手の手牌とドラの関係性を見極めながら、戦略を練ります。

山口雄一さん:山口さんは麻雀ドラを巧みに活用し、その効果を最大限に引き出すことで、安定した勝利を収めるプレイヤーとして知られています。

井上智樹さん:井上さんは麻雀ドラの種類によって異なる戦術を展開し、状況に応じた最善の手を選びます。

小川健太さん:小川さんは麻雀ドラの重要性を認識し、自身の手牌とドラの相性を見極めることで、高得点を狙います。

野口拓也さん:野口さんは麻雀ドラの効果を最大限に活かすため、自身の手牌の構築に工夫を凝らします。

石田雅彦さん:石田さんは麻雀ドラの種類による得点の変化を把握し、相手の手牌との関係性を見極めながら戦略を練ります。

清水哲也さん:清水さんは麻雀ドラに対する独自の視点を持ち、その知識を活かして効果的なプレイを展開します。

宮田健太さん:宮田さんは麻雀ドラの重要性を強調し、その存在を最大限に活用することで、勝利に繋げるプレイヤーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました